電話占いサービスは時間との勝負…その意味するところは料金システムにある

電話占いサービスで、ある意味で本質の部分となる「限られた時間」というもの。 当然ではありますが、占いをしてもらうときは、制限時間というものがあります。

その制限時間内に、自分自身が欲しい情報を得ていかなければなりません。 つまり、電話占いというサービスは、この時間をいかにして有効活用するのかということが重要になるわけです。 これだけの説明では、まだまだモヤモヤしているかと思うので、以下より、もっと掘り下げてお話をしていきたいと思います。

■電話占いは限られた時間の中で情報を得るサービス

電話占いサービスとは、占い師に様々なことを占ってもらうサービスです。

そして、時間との勝負をするサービスとも言えます。

2つ目の「時間との勝負」について、よく分からないと感じた方がほとんどかと。

実は、電話占いというサービスは、限られた時間の中で、いかに上手く情報を得るのか?とちょっとした戦略が必要なサービスとなっているのです。

その理由の1つに、通常の占いと違い声だけで情報を得なければなりません。

仕草、表情、手振り身振りと、面と向かって占う方法で得られるはずの情報が得られないわけです。

つまり、声だけというのは、予想以上に情報を得にくい(ニュアンスを理解しにくい)状態なのです。

だからこそ、限られた短い時間で、占い師の発言を自分なりに理解しなければ、せっかくの利用も水の泡になってしまうことに。

■場合によっては「課金型」で無制限で利用できる場合もあるけど…

ちなみに、時間を気にせずに利用できる電話占いサービスも存在します。

それが、課金型で、喋った時間だけ料金が発生するシステムです。

しかし、こちらはフリータイムだからこそ、時間を気にしなければならないという状況にもなります。

利用時には充分に注意が必要となります。